hima-x’s blog

芸能人や著名人の実体験の暴露話や噂話を気ままに更新していきます。

単発ネタ:○塚出身の女優さん「いくら使ってもお金がなくならないのよ」

こんにちは優です♪

 

風邪をひいて寝込んでおりました。

更新が遅くなってしまい、申し訳ございません。

 

 

今日は某女優さんの暴露話です。

この女優さんは数年前に「娘さんが同級生の男子を買収し、同級生の女子をレイプさせた」とかで大問題なはずですが、報道もほぼされずに消されていましたね。

その女優さんと私の友達が地方で一緒にお仕事をして、打ち上げに行った時の話。

おもむろに女優さんが話し始めたそうです。

 

「お金が有り余りすぎて困っている。」

 

と。

 

 

羨ましいな!!!!!!

 

 

みんな接待モードなので、

「すごいですね〜!」

「さすがです!」

 

とか言いつつノせていたら、

「使っても使っても減らない。」

「お金がない人ってどうしたらそうなるの?」

 

と言い始めたそうです笑

 

だったら商社のエリートと結婚せずにフリーターとかと結婚すればいいのに・・・

 

と思ってしまった私はカ〜ブト〜ム〜シ〜♪(字余り)

 

 

 

まぁ、でも今まで厳しい世界を生きてきたんですもんね。

その対価としてお金に恵まれた生活を送れているのでいいのではないでしょうか・・・。

 

 

 

しかし、問題はその打ち上げの後に起こりました。

なんと、その女優さんはその地方に居る彼氏の家に消えて行ったのだそうです・・・。

 

これにはびっくりでした。

 

 

ちなみに私は娘さんを見たことがありますが、

正直女優の子供とは思えないほどブサイクで顔に大きなイボのようなホクロがあり(お金がたっぷりおありなので、もう切除しているかもしれませんが)

ただのブスではなく、生理的に無理というレベルの顔でした。

 

なので、あの事件を聞いた時はなんとなく納得というか、そんなことしそうな顔でした。

 

「お前の母さんあんなに美人なのに、お前はなんでそんなにブスなんだ?」

とか。

「そのホクロ鼻くそかよwww」

とかひどいことを言われた挙句、母親は不倫。

 

 

 

それは性格歪むって・・・。

レイプされた女子は本当にかわいそうだし、この女優の娘がしたことは一生許されることではありません。

 

しかし、子供がそこまでのことをできるということは、そのレベルで家庭が狂ってるということなんではないでしょうか・・・。

 

 

 

モッピー!お金がたまるポイントサイトPONEYは、おかげさまで10周年!! ポイントを貯めて、交換手数料無料で現金やギフトカードをGET!

単発ネタ:元Vi○iモデルが動物虐待?

こんにちは優です♪

 

Kのことについても書いていきたいのですが、

どれを書けばいいのかいまだに悩んでおります。

いつもの日常を書いても何も面白くない←し、

事件だけ書いたらKの人間性が疑われてしまうので、それもそれでかわいそう・・・。

今、公開を決めている話は

・酔っ払って暴力

・タクシー運転手に暴行

・自殺未遂

の3本です!笑

 

もう、これはだめでしょっていう話しかないですね笑

普段の話も需要があるのか・・・気になるところです。

 

では今回は日本の女性ファッションモデルのお話をしていきます。

Vi○iモデルも務めていた超有名モデルさん。

サマ○サのモデルもやっていたような・・・。

 

そんなモデルさんにお持ち帰りされた友達♂の話です。

 

え?間違い?

 

 

間違いじゃないですよ。

そのモデルさんが男の子を持ち帰りしたんです笑

 

某タレントと付き合っていたとすっぱ抜かれましたが、

そのタレントさんと知り合ったのも合コン。

友達がお持ち帰りされたのも合コン。

 

合コンが大好きなようです。

そしてそこで気に入った人がいるとお持ち帰りをするそうで・・・

 

私の友達もお持ち帰られ、家に行くまでがまずびっくり。

彼女は原付で来ていたそうなのです笑

しかもさっきまでお酒飲んでたのにも関わらず、原付にまたがってそのまま発車しそうな勢いだったので、慌てて止めてタクシーにのったそうです。

 

そして家に着くと・・・

とにかく汚かったそうで・・・お酒の瓶が床に散乱して、チワワが居たそうなのですが、とても汚く、毛も伸ばしっぱなしで毛玉のようになっていて見ていてとても可哀想だと言っておりました。

 

その惨状を見て友達はそのまま家を出たそうです。

 

「なんで!?ここまで来て帰るの!?」

と言われたそうですが、

「男と遊ぶより、犬の面倒見てやりな」

と言って帰って来たそうです・・・。

 

そういえば、そのモデルさん。

前にテレビで

「原付に駐禁のチケットがついててもいつももぎ取って捨てる」

と言って、会場をざわつかせておりました・・・。

 

 

な、なるほどね・・・。

 

 

 

 

 ↓応援してくださると頑張れます♪

モッピー!お金がたまるポイントサイトPONEYは、おかげさまで10周年!! ポイントを貯めて、交換手数料無料で現金やギフトカードをGET!

単発ネタ:某有名漫画家さんは太っ腹!

こんにちは優です♪

 

今日は、ちょっと芸能人とは違うのですが、

某有名漫画家さんの話をしたいと思います。

 

今の日本で知らない人はいないとても有名な方です。

 

 

では、どうぞ☆

 

これは、私の先輩から聞いた話です。

先輩は、舞台とかイベントコンパニオンなんかを生業としている人で、

 

 

なんと!

 

 

なんと!!

 

 

某有名漫画家さんの奥様と結婚前からの友達だそうです!

 

お二人の出会いは合コンだそうですw

合コンに行く際には、この某有名漫画家さんは女の子たちの似顔絵を書いてくれるそうですw書いてほしー!

 

 

そしてその奥様、あまりお金を使わない人だそうで・・・(今はわかりません。当時の話です)

なので、お金ばかり貯まっていって何に使ったら良いかわからない・・・と言っていたそうです。

 

 

 

 

なにそれ羨ましい(素のトーン)

 

 

で、次の話は先輩ではなく、

上の話を聞いた2~3年後に違う方から聞いた話です。

 

その方は某有名漫画家さんご夫婦と一緒にドラクエ10をやっていたそうです。

 

そのゲームの中で、その方は武器を作る職業(あまり詳しくなくてごめんなさい)だったそうなのですが、

 

某有名漫画家さんご夫婦がその方に武器の作成を依頼しました。

 

 

普通友達同士なら、ゲーム内のアイテムとかでお礼とか渡すものなのかな?

 

 

ですが、この某有名漫画家さん。。。

 

 

 

お礼の報酬が、なんとゲンナマ。

 

 

 

 

 

しかも100万円だったそうです。

 

 

その方は一生懸命素材を集めて作ったそうです。

 

 

 

 

 

マジで羨ましい(素のt・・・)

 

 

 

 

 

1ヶ月に1本作りたい。

優でした。

 

 

 

 ↓応援してくださると頑張れます♪

モッピー!お金がたまるポイントサイトPONEYは、おかげさまで10周年!! ポイントを貯めて、交換手数料無料で現金やギフトカードをGET!

単発ネタ:ビジネス盲目・・・?

 

こんにちは優です♪

 

今回はですねぇ・・・これ書いていいのかなぁ・・・

って感じのネタです。

 

 

私の友達ホリーさん(といってもふた回り以上年上の男性)は某週刊誌の会社に勤めています。

 

なので仕事柄芸能人のお友達が多いのと、いろんなリーク情報が入ってきます。

 

ホリーさんからは信憑性が高い情報が入ってきます。ふふふ・・・

 

今後このホリーさんから仕入れたネタも書いていきたいと思います♪

 

そして今日はその第一弾目です。

その方の肩書きは

アメリカの歌手、キーボード奏者、ミュージシャン、作曲家、音楽プロデューサー。」(wikiより)

 

そしてこの方は盲目のミュージシャンです。

この方が日本公演にいらした時のお話です。

 

 

公演が終わった夜、

このミュージシャンがマネージャーを通してデリヘルを呼んだそうです。(ここはサラッといっとこう)

 

そして、デリヘルの女の子がこのミュージシャンのホテルの部屋のドアをノックし、部屋に入った瞬間耳を疑う言葉が・・・

 

 

 

「・・・Change」

 

 

 

一応、意味を調べてみました。

~を変える、~を変更する、~を変換する
・Once he makes up his mind, there's no changing it. : 彼は一度こうと決めたら頑固だ[てこでも動かない]。
〔物を〕取り換える、交換する
〔要職者を〕更迭する
~を乗り換える
〔お金を〕両替する、崩す

 

 


このデリヘルの女の子は思ったそうです。

 

 

「え?チェンジ?この人目が見えないんじゃないの??」

 

と。

彼女から直接この話を聞いたホリーさんは考えました。

 

 

このミュージシャンは実は目が見えていて、ビジネス盲目なのか・・・?と。

 

 

でも、もしかしたら、

挨拶の声とか、匂いとかそういう何か気に入らない部分があったのかもしれない。うんきっとそうだ。

 

と自分に言い聞かせたそうです。

 

 

 

これもなかなか闇の深い話でした。

 

 

 

 

モッピー!お金がたまるポイントサイトPONEYは、おかげさまで10周年!! ポイントを貯めて、交換手数料無料で現金やギフトカードをGET!

芸能人の元カレ「K」〜決戦の日④〜

みなさまこんにちは。優です。

今日も前回の続きです♪

 

そしてやっとKが口を開く。

「正直すごくショック。俺は見たことない優の元カレにも嫉妬しちゃうくらいだから、そんなこと聞いたらすごく辛い。でも・・・それでも俺の彼女で居てくれるなら・・・いいよ。優の好きにして。でも絶対裏切らないって約束して。」

 

涙を浮かべながらたどたどしく話すKがとても愛おしく感じた。

 

「わかった。じゃあもう一度よろしく。」

Kの手を握ってそう言った。

するとKは私の手を両手で握って自分のおでこに当て、祈るようなポーズで

「はぁ~。本当に良かった・・・もう、死のうかとか考えちゃった。バカだよね。でもそれくらい本気なんだ。」

「馬鹿だよ。ちゃんとご飯も食べて。」

「うん。」

「あと、クマもすごいからちゃんと寝てね。」

「うん。」

 

ちょっと間が空いて、

「ねぇ、優。」

「ん?」

 

「優が隣にいてくれたら、よく眠れると思うんだけど・・・だめかな・・・」

「え?」

「このまま帰ったら、明日起きても優とやり直せたのが本当か嘘かわからなくてこわくなりそう。」

黙り込んで考える私。

 

「何もしないので、添い寝だけしてください。」

「私、たぶんKの家行ったら思い出すからしばらくは無理。」

 

「じゃあ、ホテル取るよ!それならいい?」

Kは出会ってからずっとこんな感じでとにかく押しが強い。

「分かったよ。絶対何もしないって約束してね。」

「うん!約束する!!」

 

そうして私たちは近くのホテルで一泊することにした。

 

順番にお風呂に入って、ダブルベッドに入る。

Kが後ろから抱きついてきて、すごく温かくて、心地いいなぁと思っているうちに寝てしまった。

 

次の日、目を覚ますとKが愛おしそうな顔でこちらを見ていた・・・。

 

私は急いで起き上がり、

「な!え??寝顔見てたの?」

という。

「うん。ずっと見てられるわ。」

と言ってKが微笑む。

 

それから身支度をして、朝ごはんを食べて、Kが家の近くまで送ってくれた。

 

「これからまた俺の彼女なんだよね。」

「うん。そうだよ。」

「あー!生きてて良かった!!」

「またそんなこと言って笑」

 

そんなことを言いながらバイバイした。

 

家に帰って携帯を開くとメールが届いていた。

見てみるとJからだった。

「今日会えない?」

という内容だった。

 

Kにはあんなこと言ったけど、私は彼氏がいるのに男の人と二人きりで会うのは気が進まない。

 

なので、

「ごめんね。仕事で忙しくて。また今度遊ぼう。」

と返した。

 

仕事で忙しい。

これは便利な言葉だよね。

仕事と病気。

この二つを言われれば相手は納得せざるを得ない。

 

たまに、

「好きな人が仕事が忙しくて会えないっていうんだ~。」

というのを聞くが、その手の事例の94%は相手にその気がないから。これだと思う。

 

だって男の人って、どんなに忙しくても会いにきて、次の日眠すぎて倒れそうで会社のトイレで5分だけタイマーかけて寝る。

とか平気でできる生き物だよ?

好きな人のためならそこまでする生き物が、仕事が忙しいからって・・・ないない笑

 

そういうこと言う人はすっぱり諦めて次に行きましょう!

 

 Kについてのエピソードは一旦ここで落ち着きます。

平和なエピソードも書くべきなのか。それともブログにできそうなネタだけを書くべきなのか・・・。

 

ご要望がありましたらコメント欄にお願いします!

 

 

モッピー!お金がたまるポイントサイトPONEYは、おかげさまで10周年!! ポイントを貯めて、交換手数料無料で現金やギフトカードをGET!

芸能人の元カレ「K」〜決戦の日③〜

みなさまこんにちは。優です。

そろそろ単発ネタを挟みたいのですが、

多分この日の出来事は完結させたほうがいいと思うので、

今日も前回の続きです♪

 

 

「俺さ・・・この業界に入って・・・人が信じられなくなったんだ。恋愛をしても相手の女の子は俺の彼女だってことを周りにバラしたがったり、俺は相手を信じていたかったのにことごとく裏切られた。」

 

私は黙って聞いていた。

 

「優は今みたいなとき、俺がバレないようにすぐ行動してくれるでしょ?そういうところも大好きなんだ。元カノとかはいろんな人に俺をバラそうとしてた。そういうところも嫌でずっと別れたかったけど、別れるならバラすって言われて・・・優もわかってると思うけど、俺のファンってほぼ女の子だからそういうスキャンダルは絶対あっちゃいけないんだ。」

 

「ここに来るまで努力もしたし、演技もダンスのレッスンも欠かさず行って・・・他の俳優たちが合コンしている間も俺は頑張って仕事のために努力してきた。芸能界ってすぐに飽きられちゃうから、一瞬気を抜いたらもう終わりってなっちゃうんだよ。」

 

たしかに、ものすごく映画とかドラマに出てた人も2~3年経っちゃえばそんなに見なくなる。

しかもスキャンダルとか出たらもう致命的。そういう世界にKは身を置いていたんだ。

 

私がもしKの立場だったらどうするだろう。

今回のKのやり方は、毒を以て毒を制する。そんなやり方だった。

私と違っていろんな人に面が割れてるKは、弁護士とかに頼むよりも自分自身でなんとかする方法をとったのだろう。

そのやり方は分からなくもないけど・・・

 

と考えたところでKが手を握ってきた。

「俺はもう優が居なくちゃダメなんだ。本当にもう死のうとまで考えた。ねぇ、一度だけチャンスをください。次に優を傷つけたらその場で捨ててくれて構わないから。」

 

『捨ててくれて構わない』

その言葉が突き刺さった。

あんなに人気があって有名人の彼が、私にそんな言葉を言うなんて・・・。

 

ちょっとだけ心が揺らいだ。

 

そしてちょっとだけ意地悪なことをしたいと思った。

 

「じゃあ、マネージャーにも友達にも話聞くよ?」

「うん。もちろん。」

「お父さんとお母さんにも会ってるんだから、お父さんとお母さんに今回のこと話すよ?」

「うん。構わないよ。両親には優と結婚するって話してるし、俺がどんなに優のこと好きか知ってるから。全部話してくれて構わないよ。」

「私フラッシュバックして当たり散らすと思うよ?」

「うん。殴られても蹴られても、一緒に居られるんならなんでもしていいよ全部受け止める。」

 

私はもっともっと意地悪をしたくなった。

 

「私今気になる人がいるんだ。その人と遊んでもいい?」

これはJのことだ。

気になるっていうのは、男性としてではない。けど、Kがどこまで本気で私のことが好きなのか試す意味で男の存在を匂わせた。

 

これにはKも一瞬、「え・・・?」と言って固まった。

「どういうこと?」

Kと離れてる間に友達と遊びに行く約束して、二人だと思ったらその子が男の人連れてきて、それから仲良くしてるの。」

「・・・そっか・・・」

 

しばらく沈黙の時間が続いた。

 

モッピー!お金がたまるポイントサイトPONEYは、おかげさまで10周年!! ポイントを貯めて、交換手数料無料で現金やギフトカードをGET!

芸能人の元カレ「K」〜決戦の日②〜

みなさまこんにちは。優です。

今日も前回の続きです♪

 

 

私はカフェラテを頼んだ。

飲み物が来るまで、私は下を向いて黙っていた。

Kも私が余計な話をしたくないと察したのか黙っていた。

 

沈黙の後でKがサングラスを外しながら口を開く。

 

「優。本当にごめんなさい。俺は嘘つきたくないから、全部正直に話したし、もしまだ疑問に残ってることがあるならなんでも答えるよ。」

 

「疑問・・・。もう私は、疑問点を聞いたりっていう段階は過ぎちゃってるんだよね。」

疑問点を聞くということ。それってまだ相手との未来を少しでも考えているから出てくる行動であって、私の中ではもうKとの未来は考えられなかった。

 

「そんなこと言わないで。優がまだ俺と別れないでいてくれるなら、俺なんでもするから。」

 

「いや、もう無理だよ。Kのこと思い出さないようにしても、あの写真が頭に浮かぶんだもん。あれがどんな意図で撮られたものだとしても、あんな写真撮ったような人とこれから先付き合うなんて私にはできない。」

 

ここでKが泣き出す。

と同時に店員さんが飲み物を運んでくる。

私は焦って急いでサングラスをKに渡して、店員さんの前に出てトレーの上の飲み物を受け取る。

これ以上部屋に入られないようにするためだ。

 

そして、店員さんがドアを閉めて去って行った。

 

店員さんの反応的に多分バレてないと思って緊張が解けて、テーブルに飲み物を置こうと改めて飲み物を見たら、ものすごく大きなカップで笑ってしまった。

 

本当に、ちょっとしたサラダボウルくらいの大きさだったのだ。その中にカフェラテがなみなみ注いであって本当に瞬間的に笑ってしまったのだ。

 

「すごい大きさだね。」

さっきまで泣いていたKが目を真っ赤にしたまま笑う。

 

「うん。」

カフェラテを一口飲んで気持ちを落ち着かせる。

 

「メールでも言ったけど、私、Kに会うのは今日で最後にしようと思ってる。」

 

Kはまた泣きそうな顔になり、

「・・・どうしても許してもらえない?」

 

「私は勝手にカメラを見てしまったし、Kのあんな一面も見てしまったし・・・もう普通に付き合えないと思うし無理だよ。」

 

 

「見られたことを責めるつもりはないよ。実際したことだし。でもさ、あれは俺たちが出会う前で、あれからは、バラすって連絡が来たからそれならこっちもバラまくっていった一度だけしか連絡してないし、これからも絶対しない。」

「でも俺も気持ちはすごくよくわかるよ。俺はこんなに好きになったのは優が初めてだから、元カレとかにものすごく嫉妬してしまうと思う。でも、その人たちと付き合ってきたから今の優があるとも思う。だから・・・優もあの事は俺の元カノってことで割り切って考えてもらえないかな。。。もし、思い出してしまうなら、その度に責めてくれて構わないし、俺はそれを受け止めて優が笑えるようになるまでなんでもするから。別れるっていう答えだけはやめてほしい。」

 

テレビでキャーキャー言われて、いつも自信たっぷりにしているKと目の前にいる人は全く別人のようだった。

 

 

モッピー!お金がたまるポイントサイトPONEYは、おかげさまで10周年!! ポイントを貯めて、交換手数料無料で現金やギフトカードをGET!